トップページ > 花と緑の質問箱 > 検索結果


サンスベリア育て方
Q 購入した当時、葉の長さが20センチ程でしたが全く成長がありません。これ以上伸びないのでしょうか?
A サンスベリアの生長期は春から夏にかけての気温の高い時期です。できるだけ明るいところで育て土の表面が完全に乾いたならばたっぷり水やりして育てます。乾かしぎみに育てているとあまり生長はしません。時々薄い液肥を与えるとよいでしょう。しかし水をやりすぎると根腐れしますので注意が必要です。

サンスベリア育て方
Q 冬越しの方法は?水をあげたら枯れてしまい、のこった葉を挿し木にしてます。
A サンスベリアは寒さに弱いので冬はほとんど水を与えずに乾燥状態にして冬を越すとよいのです。挿し木したものもまだ乾かしぎみにして管理しましょう。

サンスベリア育て方
Q 株元から新芽が出てきました。株自体も結構根が張っているので鉢を変えたいと思っています。根をほぐしたり痛んだ根を切ったりしてから植えかえた方がいいですか。また、肥料はどんな種類のものがいいですか。
A 傷んだ根は切り詰めておく必要がありますが根はあまりいじくらない方が無難です。肥料は植え替えてすぐは必要ありませんが、根付いて葉が伸びだしたならば極薄いハイポネックスなどの液肥を与えるようにします。

サンスベリア育て方
Q 水やりで失敗して枯らしてしまった経験があるのでどれくらい水を与えたらいいのか教えてください。季節ごとの与え方のポイントなどあればそれもお願いします。
A 乾燥には非常に強いのですが過湿には弱いので基本的には乾燥ぎみに育てるのがポイントです。置き場所は明るい半日陰がよいでしょう。寒さには弱いので冬は特に水やりをひかえて乾燥させておきましょう。

サンスベリア育て方
Q 一年前購入した時から成長してる様子がありません。植えかえたら大きくなりますか?栄養剤をあげるほうがいいですか?鉢はきゅうくつそうです。培養土と赤玉土とどちらがいいんでしょうか。
A 個々の葉の生長は著しいものではないのであまり生長している感じはつかみにくい植物ですが、新しい葉が下から出てくることで生長している様子がわかります。根が詰まっているようならば排水のよい土(赤玉土に腐葉土を2割ぐらい混ぜたもの)で植え替えておくとよいでしょう。時々ハイポネックスなどの液肥を与えておきます。

サンスベリア育て方
Q 植えかえをしたら新しい芽が植木鉢の端っこにいくつも出てきてしまいました。植えかえの時なかったので 後で生えてきたらしいのですが、妙なバランスです。これはどうしたらいいか?
A 次第に大きくなって親と同じぐらいの背丈になります。植え替えによって根が広がるスペースができたからでしょう。株が大きくなったならば株分けして増やしてもよいでしょう。

サンスベリア育て方
Q 三本生えていたのを一本ずつに株わけしたのですが、一つの株は子葉が枯れてもう一つの株も子葉が萎れそうで触るとカラカラしていました!親葉も枯れてしまうのでしょうか?
A 株分けをする時にはもう少し個々の単位を大きく株分けしないと弱って枯れてしまうことが多いものです。もっと一株の葉の枚数が少なくても3枚以上付けて分けるようにします。根付くまでは干からびない程度に乾かしぎみに管理するようにします。

サンスベリア育て方
Q 鉢植えは毎年植えかえたほうがいいですか?
A 鉢がいっぱいになるまではそれほど頻繁に植え替える必要はありません。2~3年に一度でよいと思います。寒さに弱いので冬は乾かしぎみにして暖かいところで管理しましょう。

  • 次を表示


06/19

アリウム

花言葉:正しい主張

ネギやニラを含む属の総称です。アリウムの由来にはラテン語の「におい」、ラテン古語の「ニンニク」や「ニラ」、ケルト語の「焼く」などいくつかの説があります。

365日の誕生花・花言葉
  • -PR-
  • 『ヒビヤカダン』ブランド最高級のクオリティをお届け。ヒビヤカダンプレミアム
  • いつもそばにお花がある暮らし『ヒビヤカダンスタイル』ブランドのシーズンフラワーをチェック!
  • 花のチカラ、緑のチカラ
  • 花を贈るなら日比谷花壇
  • 日比谷花壇の会員特典サービス
  • 日比谷花壇のお葬式



Copyright (C) 2001-2011 株式会社日比谷花壇 All Rights Reserved.