トップページ > 花と緑の質問箱 > 検索結果


ラベンダー育て方
Q ラベンダーなどの弱アルカリ土壌を好む植物は、酸性土壌に傾くと枯れやすくなるのでしょうか?高温多湿などの理由は別にして。
A ラベンダーの原産地である地中海沿岸は土壌が中性に近いアルカリ土壌なので酸性の強い土壌では生育が悪くなるのです。弱酸性程度であれば問題はありません。

ラベンダー育て方
Q 庭に植えようと思うのですが冬は越せますか?雪から守る為に何したらいいでしょうか?
A ラベンダーは雪ノ下になっていれば多分冬を越すことができると思いますから、腐葉土などで周りを保護して、株が雪でつぶされないように藤かごのようなものをかぶせておいたならばよいと思います。

ラベンダー育て方
Q 種を蒔き双葉になりポットに植え替えましたが大きくなりません。
A ポットに植え替えるときに根が切れたりして植え傷みが出ているのかもしれません。よく日に当てて土の表面が乾いたならば水やりして様子をみましょう。

ラベンダー育て方
Q 毎回ポット苗や、鉢を買ってきて、土植えをするのですが、すぐに枯れてしまいます。何が原因でしょうか?
A 植えつける場所の環境が合わない可能性があります。ラベンダーは基本的には日当たりがよく、排水のよい土壌が適しています。また暑さに弱いので特に夏風通しがよいところがよいのです。色々な場所を探してよい環境を見つけてあげてください。

ラベンダー育て方
Q 茎の根本3?5?の葉が黒くなってきてしまいました。花は咲いているのですが?
A 風通しが悪く蒸れてしまったのでしょう。早めに刈り込んで風通しをよくしておきましょう。排水のよいことも重要です。

ラベンダー育て方
Q 種をまいて芽が出たので、ポットに植えかえました、そろそろ大きい所に植えかえたいと思っているのですが、時期はいつ頃がいいですか?注意することは?
A これからはどんどん寒くなってゆくので、できれば植え替えは春になってからおこなったほうが無難です。小さい苗のうちは寒さに対する抵抗性も小さいので冬の管理はあまり寒くならないようにしてあげましょう。

ラベンダー育て方
Q 種を蒔いてみました。育て方を教えてください。
A ラベンダーは基本的には日当たりを好む植物です。芽が出たならばなるべくよく日に当てて管理します。排水のよい培養土でやや乾かしぎみに育てましょう。真夏は暑さに弱いので明るい半日陰に移動して涼しく夏越しさせましょう。花が終わったならば背丈を2/3に刈り込んでおきましょう。

ラベンダー育て方
Q 葉が少しづつ茶色になり枯れてきています。もうだめですか?
A ラベンダーは暑さに弱く蒸れに弱い植物です。真夏以外はできるだけ日に当てて風通しのよいところで育てるようにしましょう。茶色になった葉は切り取って全体を少し切り詰めておきましょう。

  • 次を表示


09/24

ユウゼンギク

花言葉:元気

北アメリカ原産の多年草で、明治時代に日本に渡来しました。友禅染のように美しい菊という意味でユウゼンギクの名がつけられています。

365日の誕生花・花言葉
  • -PR-
  • 『ヒビヤカダン』ブランド最高級のクオリティをお届け。ヒビヤカダンプレミアム
  • いつもそばにお花がある暮らし『ヒビヤカダンスタイル』ブランドのシーズンフラワーをチェック!
  • 花のチカラ、緑のチカラ
  • 花を贈るなら日比谷花壇
  • 日比谷花壇の会員特典サービス
  • 日比谷花壇のお葬式



Copyright (C) 2001-2011 株式会社日比谷花壇 All Rights Reserved.