トップページ > 花と緑の質問箱 > 検索結果


サンスベリア育て方
Q げんきがない
A サンスベリアが元気がないのは寒さに当たったか、水の与え過ぎによる根腐れでしょう。寒い間はなるべく水やりを少なくして管理しましょう。もし根ぐされしていてフニャフニャになっていたならばその部分を切取って切り口を乾かしてから挿し木して植え付けると発根してきます。しかし斑入りのものは斑がなくなります。

サンスベリア育て方
Q サンスベリアの葉ざしの仕方を教えて下さい
A サンスベリアは葉挿しができますが、縁に斑(ふ)が入っているものはその斑がなくなります。葉を5センチから10センチぐらいに切って、切り口を2から3日乾かし、赤玉土に挿しておくと1ヶ月ぐらいで発根するでしょう。明るい半日陰で土の表面が乾いたならば水やりして管理します。

サンスベリア育て方
Q あたらしい葉がでてきたのですが、その一方で腐ってきた葉があるのですが、抜いても大丈夫ですか?
A サンスベリアが水のやりすぎで根が傷んでいるのでなければよいのですが、新しい葉が出てきたからといって喜んでばかりはいられません。十分乾いてから水やりをするようにしましょう。傷んだ葉はもちろん切り取っておきます。寒さにはあまり強くないのでこれからは乾かしぎみに管理します。

サンスベリア育て方
Q 去年購入したのですが「冬場は水やりをしない」とありましたが、水をやったせいか葉が割れてしまいました。割れた葉はどうすればよいのでしょう?今回は先月から水は与えていません。
A 必ずしも水を与えたから割れたのではないと思いますが、ほかにたくさん葉があれば切ってしまってもよいでしょう。あまりなければ、新しい葉が下から出てくるまでそのままにしておいたほうが、新しい葉が出てきやすいのです。

サンスベリア育て方
Q そだてかた
A 南アフリカ原産の観葉植物です。乾燥には非常に強いのですが、寒さには弱いので冬はなるべく暖かいところに置いて水やりを控えて管理します。暖かくなったならば十分乾いたならばたっぷり水を与えてまた土の表面が十分乾いたならば水を与えて育てます。時々ハイポネックスなどの液肥を与えておくと元気に育ちます。

サンスベリア育て方
Q ハイドロカルチャーで育てていましたが葉の根元が腐ってしまいました。悪い部分を切り植え直しましたが、根はつくのでしょうか?
A 挿し木はハイドロカルチャーよりは普通の赤玉土などのほうが根が出やすいのでそのほうがよいと思います。ハイドロではまた葉が腐る可能性があります。明るい半日陰に置いて土が乾いたならば水を与えて管理します。

サンスベリア育て方
Q 鉢で買ったもので新しい葉が2、3本出てまた他の葉も延びて来たので植え替えをしようと思いますがどんな土を使い、又注意する事はありますか?
A 寒さに弱いほかは丈夫な植物ですが、土の排水が悪いと根腐れしやすいので排水のよい培養土(値段のあまり安くないもの)を使いましょう。やや乾燥ぎみに育てるとうまくいきます。

サンスベリア育て方
Q 最初は株が、まとまっていたのですが、だんだんと葉が横に倒れて広がって来ました。根元はグラつきもなく、しっかりしてはいるのですが…理由が分かりません。このままにしておいてもイイのでしょうか?
A あまり形が気にならなければそのままでも問題はないでしょう。多分日当たりがあまりよくないので葉が日を受けようと形が崩れていっているのかもしれません。形よく切り離して植え替えをしてあげてもよいでしょう。



10/20

ノボタン

花言葉:ナチュラル

名前だけを聞くと日本的ですが、熱帯アジアが原産です。常緑の小低木で、紫色の鮮やかな花が美しい花木です。

365日の誕生花・花言葉
  • -PR-
  • 『ヒビヤカダン』ブランド最高級のクオリティをお届け。ヒビヤカダンプレミアム
  • いつもそばにお花がある暮らし『ヒビヤカダンスタイル』ブランドのシーズンフラワーをチェック!
  • 花のチカラ、緑のチカラ
  • 花を贈るなら日比谷花壇
  • 日比谷花壇の会員特典サービス
  • 日比谷花壇のお葬式



Copyright (C) 2001-2011 株式会社日比谷花壇 All Rights Reserved.