トップページ > 花と緑の質問箱 > 検索結果


ベンジャミン育て方
Q ベンジャミンの葉が一気に落ちてしまったのですが、また葉がつくようにするには、どうしたら良いですか?
A ベンジャミンの葉が落ちるのは日光不足か、水切れか、寒さが原因のことが多いのです。まず日のよく当たる暖かいところに取り込んで保護しましょう。土の表面が乾いたならば水を与えておくと気候がよくなれば新しい葉が出てくると思います。新芽が出てきたならばハイポネックスなどの液肥を与えておきましょう。

ベンジャミン育て方
Q 新芽にも古い葉にもベタベタとした液と白い綿のような物がついています原因は?
A ベンジャミンに付く白いベタベタした感じの虫はカイガラムシです。この虫は風通しが悪かったりキが弱ってきたりするとよく発生するようになります。薬の効きにくい虫なので歯ブラシなどでまめに擦り取っておきましょう。この方法が最も効果的です。この虫が増えると手に負えなくなりますので、少ないうちに対処しましょう。

ベンジャミン育て方
Q 部屋の観葉植物がどんどん枯れていきます。ベンジャミン、コーヒー、青年の木など。水はあげない法がいいの?
A 今年の冬は寒さが厳しかったので夜間寒さのために傷んでしまったのでしょう。夜間は部屋の中心部に移し、水やりを控えて管理しましょう。ホットカーペットを利用するのもよいでしょう。観葉植物は寒さに弱いので冬は暖かいところで保護してあげて下さい。

ベンジャミン育て方
Q 今部屋の中においているのですが、水上げは、どれくらい上げればいいのですか?
A 水やりの目安は土の表面が乾いたならば与えるようにします。乾き方が環境によって異なるのでこのような目安で水やりします。

ベンジャミン育て方
Q 育て方を教えてください?
A ベンジャミンはゴムの木の仲間で日当たりを好む観葉植物です。できるだけよく日に当てましょう。土の表面が乾いたならば水やりして管理します。真夏は日差しが強いので半日陰に移動して日焼けを防ぎます。寒さには弱いので冬は日当たりのよい暖かいところで管理するようにします。

ベンジャミン育て方
Q 育てかたをおしえて下さい
A ベンジャミンはゴムの木の仲間ですから、なるべくよく日に当てて管理します。真夏は直射では強すぎることがあるので半日陰に移動した方がよいでしょう。水は土の表面が乾いたならば与えます。寒さには強くないので日のよく当たるなるべく暖かいところで管理しましょう。

ベンジャミン育て方
Q 新芽が伸びてきて形がきたなくなってきました。丸くするには新芽をカットしていいのですか?葉の処理を教えてください。
A ベンジャミンを形良く仕立てるには枝が伸びてきたならばマメにカットして全体を丸く整えてゆく必要があります。短い枝は伸ばし、長い枝はカットしてゆくのです。そのためには10日に一度ハイポネックス等の液肥を与えて本体を肥培しておくことが大切です。

ベンジャミン育て方
Q 植えかえ時期や肥料のあげかた
A ベンジャミンはなるべく日に当てて育てましょう。植え替えは来春十分暖かくなってから一回り大きな鉢に新しい培養土で植えかえます。根はあまりいじらないようにしましょう。肥料は10日に一度ハイポネックスなどの液肥を与えます。



12/16

ラケナリア

花言葉:継続

アフリカ南部原産の球根植物で、葉を2枚だけ付け、中央に伸びる花茎には、赤、黄、緑などの複色の管状の花を多数つけます。日本へは昭和初期に渡来した比較的新しい園芸植物です。

365日の誕生花・花言葉
  • -PR-
  • 『ヒビヤカダン』ブランド最高級のクオリティをお届け。ヒビヤカダンプレミアム
  • いつもそばにお花がある暮らし『ヒビヤカダンスタイル』ブランドのシーズンフラワーをチェック!
  • 花のチカラ、緑のチカラ
  • 花を贈るなら日比谷花壇
  • 日比谷花壇の会員特典サービス
  • 日比谷花壇のお葬式



Copyright (C) 2001-2011 株式会社日比谷花壇 All Rights Reserved.