トップページ > 花と緑の質問箱 > 検索結果


バラ(ミニ)育て方
Q 去年、ミニばらが、今までに見たことがないほどにたくさんの花が咲きました。それは、よかったのですが、今年も咲くのでしょうか?咲かすには何が一番いいのでしょか?ちなみに、ばらは、今年で5年ほどになります。
A やっと株が育ってたくさん花を付けるようになったのでしょう。花がひととおり咲き終わったならば軽く剪定をしてハイポネックスなどの液肥を10日に一度与えておきます。また病気や虫におかされることが多いので殺虫、殺菌の消毒を定期的(月二回程度)にしておきましょう。

ミニバラ育て方
Q 元気が無く 萎れた感じなんですが?
A ばらは冬は葉を落として休眠させた方がよいのです。葉を付けておくとこの様に寒さのために傷んでしまうことがあります。しおれた葉は切り取ってよく日に当てておきましょう。乾いたならば水やりしておきます。暖かくなると新しい葉が展開してくるので、ハイポネックスなどの液肥を与えておきます。

ミニバラ育て方
Q 今の季節は薬剤の予防散布をどのようにしたらいいでしょうか。使用薬剤や定期散布などについて教えて下さい。
A バラには殺虫剤としてスミチオン、カルホス、オルトランなどを準備しておけばよいでしょう。病気としてはウドンコ病にはベンレート、ミラネシンを黒点病にはサプロールを週一の頻度で2-3回噴霧しておきましょう。

ミニバラ育て方
Q 葉の周りがふちどりしたように赤くなっているのは何かの病気なのでしょうか?
A バラは最初からその赤い縁取りの葉が出てくるのですか。そうであれば品種の特性かもしれません。途中からそのように変化したのならば、一時的な水切れが葉に現われたのか、病気の可能性もありますのでベンレートなどの殺菌剤で定期的に消毒をした方が無難でしょう。

ミニバラ育て方
Q 水をあげているのに つぼみが折れて おちてしまう
A 水やりは土の表面が乾いたならば水やりすればよいのですが、それ以上与えると根が傷んで蕾がこのように落ちてしまうことがあります。また日光不足でも同じようなことがおきます。日当たりのよい環境において落ちる蕾は全て落として液肥を与えて、土の表面が乾いたならば水やりして管理してみましょう。新しい蕾が同じように落ちるならば根腐れしている可能性があります。

ミニバラ育て方
Q 剪定前は葉が白くなりパラパラと落ちてしまったので5センチ程度残して剪定しました。新芽が出てきたのですが丈夫な育て方と葉が白くなってしまった原因を教えて下さい。
A ミニバラはこの様に短く剪定すると回復するのに時間がかかり、時には枯れてしまうこともありあます。もっと軽く剪定するようにしましょう。葉が白くなるのは病気でウドンコ病でしょう。ベンレート、ミラネシンなどで週一回の頻度で3回ぐらい消毒しましょう。

ミニバラ育て方
Q ミニバラの育て方
A ミニバラは花が終わったならば軽く刈り込んでおくとまたよく咲きます。

ミニバラ育て方
Q 葉が黄緑になって茎の下の方が枯れっぽきなってきました。日に当てて水は週一位に与えています。どうしたらいいですか?
A 傷んだ原因がよくわかりませんが、取りあえず傷んでいる枝を切り取っておきましょう。バラは病虫害におかされやすいので定期的に消毒します。土の排水はよいですか。排水が悪いと根腐れの原因になります。よく日に当て10日に一度液肥を与えておけば新しい葉が出てきて回復すると思います。



10/20

ノボタン

花言葉:ナチュラル

名前だけを聞くと日本的ですが、熱帯アジアが原産です。常緑の小低木で、紫色の鮮やかな花が美しい花木です。

365日の誕生花・花言葉
  • -PR-
  • 『ヒビヤカダン』ブランド最高級のクオリティをお届け。ヒビヤカダンプレミアム
  • いつもそばにお花がある暮らし『ヒビヤカダンスタイル』ブランドのシーズンフラワーをチェック!
  • 花のチカラ、緑のチカラ
  • 花を贈るなら日比谷花壇
  • 日比谷花壇の会員特典サービス
  • 日比谷花壇のお葬式



Copyright (C) 2001-2011 株式会社日比谷花壇 All Rights Reserved.