トップページ > 花と緑の質問箱 > 検索結果


アジサイ育て方
Q 元は鉢植えだったんですが地植にすると大きくなり過ぎました。もう少し小さく仕立てたいのですが。元の方の茎は茶色く硬いです。どこで剪定すれば良いですか?
A 花後なるべく早く切っておけば基本的にはどこで切っておいても問題はありません。しかしあまり短く切りすぎると来年花が咲かないことがありますので気をつけましょう。

アジサイ育て方
Q 去年の紫陽花に葉が沢山付きましたが花らしい物はまだは付いてません。花は咲きますか?
A 今つぼみが出来ていなければ今年は多分咲かないでしょう。明るい半日陰に置いて土の表面が乾いたならば水やりし固形肥料を月2回与えて来年に期待しましょう。夏以降の剪定は禁物です。

アジサイ育て方
Q 城ヶ崎とムーブというあじさいで今はピンクですが青にできますか?
A アジサイは酸性土壌でブルーがきれいに発色され、中性土壌でピンクが発色されるのが基本ですが、土壌のPH によってきれいな色に変えるのはプロでもなかなか難しい技術なので 美しい色にはできないでしょう。試しに鹿沼土などの酸性土壌に植え替えてみたらいかがですか。

アジサイ「墨田の花火」育て方
Q 雨が続いているからでしょうか?花のつきが良くないのです。どうすればたくさん花が咲いてくれますか?それから、剪定する上での、注意事項はありますか?
A アジサイはそろそろ新しい花はおわりでしょう。アジサイはなるべく明るい半日陰で育て、花後になるべく早く剪定しておきます。あまり短く切ると花が咲きにくいので1/3程度を切るようにすればよいでしょう。

アジサイ育て方
Q 北海道の道東です冬も外で育てられますか
A 周りにあじさいのキが地植えされているところがありますか。もしなければ鉢植えで楽しみ冬は部屋の中で管理したほうが無難かもしれません。それほど寒さには弱くはないのですが鉢植えのほうが安心です。

紫陽花(アジサイ)育て方
Q 引っ越した庭に切株があり、そこから紫陽花の葉が出てきました。どう育てたらいいですか?
A その場所でよければそのまま肥料などを与えて育てましょう。もし移植するのであれば冬に葉が落ちてから掘りあげて植え替えておきましょう。場所的には明るい半日陰を好みます。

紫陽花(アジサイ)育て方
Q 8分咲きの鉢植えのアジサイ(ハイドランジア)を新潟県内で育てる場合、気を付ける事はありますか。花後の管理、肥料、病中害、水やり、植え方、置き(植え)場所など教えて下さい。また、地植えは可能ですか。
A 明るい半日陰において、特に水切れしやすいので乾かさないように気をつけます。花後はすぐ花がらを切り取って固形肥料を月1-2回与えておきます。斑点性の病気が出やすいのでダイセンなどで時々消毒をしておくとよいでしょう。地植えはできますが冬に積雪で折れないように保護が必要です。

紫陽花(アジサイ)育て方
Q 花が外側はしっかり咲いているのに内側一帯は本来花の中央にある玉の様な物が開いてしまいオシベ、メシベの様な物が出ていて小さい花?になってしまい花が咲きません。これは何ですか?まだ株自体が小さいから?
A アジサイの種類がガクアジサイだからです。ガクアジサイは周りの装飾花と中央の中心花とで構成されているのです。中心花は咲いても装飾花にはなりません。

  • 次を表示


07/06

トキソウ

花言葉:つつましやか

朱鷺が羽を広げたように見えるところからトキソウと呼ばれています。日当たりの良い開けた湿地に生育します。

365日の誕生花・花言葉
  • -PR-
  • 『ヒビヤカダン』ブランド最高級のクオリティをお届け。ヒビヤカダンプレミアム
  • いつもそばにお花がある暮らし『ヒビヤカダンスタイル』ブランドのシーズンフラワーをチェック!
  • 花のチカラ、緑のチカラ
  • 花を贈るなら日比谷花壇
  • 日比谷花壇の会員特典サービス
  • 日比谷花壇のお葬式



Copyright (C) 2001-2011 株式会社日比谷花壇 All Rights Reserved.