トップページ > 花と緑の質問箱 > 検索結果


ベンジャミン育て方
Q 今30センチくらいのベンジャミンを育てています実をつけるのでしょうか?どのように対処したらよいか詳しく教えてください今3個くらいあります
A ベンジャミンは木が大きくなれば実は付けますが小さなものでそれほど観賞価値のあるものではありません。基本的にはよく日にあて土の表面が乾いたならば水を与えて管理します。寒さには弱いのでできるだけ暖かいところで育てましょう。

ベンジャミン育て方
Q ベンジャミンの種類と種類別に異なる育て方があれば教えてください。
A ベンジャミンにはあまり品種は出回っていません。葉がやや大きめで長い品種がありますがあまり見かけません。スターライトという美しい斑入りのものもあります。ゴムの木の仲間ですからなるべく明るく日当たりのよいところを好みます。品種によって特に育て方は異なりません。

ベンジャミン育て方
Q ベンジャミンゴムの葉が(特に内側の葉)枯れてボロボロ落ちます。水のやり方が少ないからでしょうか?それても生え変わりで枯れて落ちているのでしょうか?
A ベンジャミンの葉が落ちる原因は日光不足と低温のためです。これと反対の環境を整え、土の表面が乾いたならば水やりをして管理しましょう。そして落ちる葉はすべて落としてしまいましょう

ベンジャミン育て方
Q 植えかえ時期や肥料のあげかた
A ベンジャミンはなるべく日に当てて育てましょう。植え替えは来春十分暖かくなってから一回り大きな鉢に新しい培養土で植えかえます。根はあまりいじらないようにしましょう。肥料は10日に一度ハイポネックスなどの液肥を与えます。

ベンジャミン育て方
Q 新芽が伸びてきて形がきたなくなってきました。丸くするには新芽をカットしていいのですか?葉の処理を教えてください。
A ベンジャミンを形良く仕立てるには枝が伸びてきたならばマメにカットして全体を丸く整えてゆく必要があります。短い枝は伸ばし、長い枝はカットしてゆくのです。そのためには10日に一度ハイポネックス等の液肥を与えて本体を肥培しておくことが大切です。

ベンジャミン育て方
Q 育てかたをおしえて下さい
A ベンジャミンはゴムの木の仲間ですから、なるべくよく日に当てて管理します。真夏は直射では強すぎることがあるので半日陰に移動した方がよいでしょう。水は土の表面が乾いたならば与えます。寒さには強くないので日のよく当たるなるべく暖かいところで管理しましょう。

ベンジャミン育て方
Q 育て方を教えてください?
A ベンジャミンはゴムの木の仲間で日当たりを好む観葉植物です。できるだけよく日に当てましょう。土の表面が乾いたならば水やりして管理します。真夏は日差しが強いので半日陰に移動して日焼けを防ぎます。寒さには弱いので冬は日当たりのよい暖かいところで管理するようにします。

ベンジャミン育て方
Q 今部屋の中においているのですが、水上げは、どれくらい上げればいいのですか?
A 水やりの目安は土の表面が乾いたならば与えるようにします。乾き方が環境によって異なるのでこのような目安で水やりします。

  • 次を表示


07/25

スイセンノウ

花言葉:ウィット

南ヨーロッパ原産。株全体が柔らかい白毛で覆われているており、フランネルの風合いに似ていいることから、別名ではフランネルソウといいます。

365日の誕生花・花言葉
  • -PR-
  • 『ヒビヤカダン』ブランド最高級のクオリティをお届け。ヒビヤカダンプレミアム
  • いつもそばにお花がある暮らし『ヒビヤカダンスタイル』ブランドのシーズンフラワーをチェック!
  • 花のチカラ、緑のチカラ
  • 花を贈るなら日比谷花壇
  • 日比谷花壇の会員特典サービス
  • 日比谷花壇のお葬式



Copyright (C) 2001-2011 株式会社日比谷花壇 All Rights Reserved.