トップページ > 花と緑の質問箱 > 検索結果


サボテン育て方
Q 種類はわからないですが鉢からはみでるように大きくなった為植えかえしたいのですが、太い棘がありゴム手袋や軍手を通してしまい鉢から抜くことができない。どうしたらいいか教えてください。
A そうゆう状態ならば植え替えはたいへんですが、厚手の皮手袋を使うと針を通しにくいので大丈夫です。どうしても取れなければ鉢を割るしかないかもしれません。用土はサボテンの培養土(肥料も入っています)を使い、傷んだ根、長く伸びた根、根に付いたコブなどは切り取って植えかえます。サボテンはこのように根の状態をチェックする意味と施肥を兼ねて毎年植え替えます。

サボテン育て方
Q 鉢に水の穴がないのですが水をやってもいいのですか?
A 排水穴のない器は水の与え過ぎに注意しないと腐ってしまいます。水を与えるときは少な目にしておきましょう。サボテンの基本的な水やりは上から2/3が乾いたならば与えるのがよいのです。

サボテン育て方
Q 植えかえをしようと思い鉢からだしたらカビが生えていました 青カビでした がどうしたらいいですか?水はそんなにたくさんは与えていなかったのですが
A 一度よく乾かしてからベンレートなどの殺菌剤で消毒しておくとよいでしょう。傷んだ根は切り取り新しいサボテンの培養土で毎年植え替えましょう。

サボテン育て方
Q とげが茶色くなり抜け落ちてしまっていますどうしたらいいですか?春に植えかえたのですがまだグラグラしていますがそれが原因ですか?
A サボテンは日当たりを好む植物なのでできるだけ日に当てて育てるようにします。トゲは葉の変化したものですから葉が枯れた状態なのです。ぐらつかないように根が張るまでしっかり支柱を立てておくとよいでしょう。

サボテン育て方
Q 種から育てているのですが、鉢をかえる時はサボテン用の土じゃないとダメですか?
A 排水のよいサボテンの土がよいでしょう。他の土では根腐れしやすいのです。

サボテン育て方
Q 夏のサボテンの基本的な育て方を教えてください*
A サボテンは日光が好きですが、真夏の日は強すぎるのでレースのカーテン越しぐらいの日に当てて、土の方面が十分に乾いたならばたっぷり水を与えて育てます。次に水を与えるときも十分乾いてから与えないと根腐れしてしまいますので気をつけましょう。

サボテン育て方
Q 成長はしてるのですが、花をつけません…ガラスの鉢に入れているのですが、土の中が緑色になってきているのですがもうだめなのでしょうか?対処法を教えてください!!
A 花を咲かせるためにはできれば素焼きの鉢に植え替えてできるだけ日当たりのよいところで育てるようにしましょう。しかし環境を急に変えると日焼けしたり、傷んだりしますので少しずつ新しい環境に慣らすようにしましょう。

サボテン育て方
Q 植え替えをしたいのですが、どのような点に注意して植え替えると良いのでしょうか。
A サボテンは基本的に一年に一度は新しいサボテンの培養土で植え替えをします。その際に根をよく観察して傷んだものやコブなどがあったならばそれは切り取っておきましょう。植え替える前は水をしばらく与えずによく乾燥させてからおこないます。植え替え後も5日ぐらいは水を与えずにおきましょう。植え替えによる根の傷を回復させるためです。



01/26

ピグミーランタン

花言葉:印象

オーストラリア原産の常緑低木。ミカン科の植物で、花と葉に柑橘系の香りがあります。香料の原料にもなっています。

365日の誕生花・花言葉
  • -PR-
  • 『ヒビヤカダン』ブランド最高級のクオリティをお届け。ヒビヤカダンプレミアム
  • いつもそばにお花がある暮らし『ヒビヤカダンスタイル』ブランドのシーズンフラワーをチェック!
  • 花のチカラ、緑のチカラ
  • 花を贈るなら日比谷花壇
  • 日比谷花壇の会員特典サービス
  • 日比谷花壇のお葬式



Copyright (C) 2001-2011 株式会社日比谷花壇 All Rights Reserved.