みどりの広場 > 夏を楽しむ!野菜づくり

夏を楽しむ!野菜づくり

2014年7月01日

夏を楽しむ!野菜づくりスタート!

2014年の夏、日比谷花壇の本社屋上では『夏を楽しむ!野菜づくり』チャレンジします♪

せっかく野菜を育てるなら!美味しさと育てやすさにこだわった
「サントリー本気野菜」を本気で育てて食べてみたい!
サントリーフラワーズご担当者様より、直々にレクチャーを頂きましたのでご紹介します!
日比谷花壇夢の夏を楽しむ!野菜づくり
楽しみにしていた「サントリー本気野菜」シリーズから苗が届きました!
さすが本気野菜!苗の茎や葉がシッカリしています♪
今回、日比谷花壇の本社屋上で育てる品種は、この3種類です!

サントリー本気野菜 商品ラインアップ

日比谷花壇夢の夏を楽しむ!野菜づくり
まずはじめに、トマトの土づくり!
トマトは肥料に敏感な作物なので、土に栄養が多すぎると葉や茎ばかりが成長して
花芽がつかない「つるボケ」状態になってしまうそうです。

そうならないために、土を準備するときには有機質を多く含んだものを選び
元肥は控えめで長くゆっくり効くタイプがおすすめです!
今回はサントリー『 本気野菜の土 』と市販の培養土を混ぜて準備しました。
ゴーヤ&ナスは肥料好きなので、市販の培養土をそのまま使いました。
日比谷花壇夢の夏を楽しむ!野菜づくり
土の準備ができたら、いよいよ苗を植えます!
でも、そのまえに!育苗ポットの状態にお水をたっぷり与えます♪
日比谷花壇夢の夏を楽しむ!野菜づくり
根を痛めないようにポットから苗を取りだし、
プランタへ植え付けたあとも、たっぷりのお水を与えます。
日比谷花壇夢の夏を楽しむ!野菜づくり
水圧が強すぎると土の表面が跳ね返り、葉に土がついて傷みやすくなるので
そぉ~っと手をそえて優しくお水を与えましょう♪
日比谷花壇夢の夏を楽しむ!野菜づくり
トマトは乾燥に強いので水の与えすぎは禁物!
10日間ほど水をあげずに根が成長するのを待つと良いそうです!
『葉がしおれてきたら、しっかり水やり』が目安です♪

今から食べるのが楽しみ♪
さぁ!みんなで頑張って野菜を育てよう!!!

「夏を楽しむ!野菜づくり」は、日比谷花壇シニアデザイナー福井崇史さんと一緒にチャレンジ中です!
アレンジメントを作る楽しさとは、また一味違った植物を育てるたのしみを
「タカシのウチ花」ブログで紹介していきますので!こちらもお楽しみに!!

日比谷花壇シニアデザイナー福井崇史 タカシのウチ花
タカシの本気トマト2014 ①植える編

夏野菜の季節が来ました♪
来ましたと言ってもまだまだこれからです♪
夏野菜といえば欠かせないのが・・・
→続きを読むかたはこちら